海外ではもはや常識! スキー用ヘルメットの必要性

ニュース/コラム
海外ではもはや常識! スキー用ヘルメットの必要性

2017/10/29

本格的にスキーを楽しみたい方や派手なアトラクションなどに挑戦することが多い方の場合、ヘルメットを装着しておくのがおすすめです。以下では、ヘルメットの必要性について日本と海外のヘルメット事情を比較しながらご紹介します。また、人気ブランド「SALOMON」のおすすめ商品もあわせてご紹介します。

ヘルメットはなぜ必要なのか?

ヘルメットを装着する目的はいうまでもなく、転倒時や他人との衝突時に衝撃から身を守るという点にあります。しかし、日本ではビーニー帽などの利用率が圧倒的に多く、ヘルメットを装着する方はそう多くありません。

一方、アメリカやヨーロッパなどではスキー時にヘルメットを着用するというのが定番のスタイルとなっており、スキー場によってはヘルメットの装着を義務づけているところもあります。また、外国人スキーヤーの中には「スキーを滑るのにヘルメットを装着しないのは非常識」と考える方もいるほどです。長野県にある、とあるスキー場が過去に行った調査によると、外国人のヘルメット着用率が高いことが分かっています。

ゲレンデの状態はスキー場や当日の天候などによって異なるため、滑り慣れている方でも転倒する可能性はゼロではありません。初心者の方や小さな子どもとなると、その危険性はさらに高くなります。子どもに必ず装着させるのはもちろんのこと、自身の安全を確保するためにも、できるだけヘルメットを装着しておくようにしましょう。

安心・安全の設計。SALOMONのヘルメット

スキー用ヘルメットを扱うブランドの中でも人気の高いブランドと言えば、SALOMONです。
なお、ヘルメットを購入する際にあまり安価なものを選んでしまうと、頭にフィットしなかったり衝撃から守る力が弱かったりなどの問題が出てくる可能性があります。この点、定番ブランドのひとつであるSALOMONのヘルメットは機能性に優れているため、安心して滑ることができます。

海外ではもはや常識! スキー用ヘルメットの必要性

http://www.salomon.com/jp/product/hacker-2.html?article=390421

SALOMONの「HACKER」は、軽量感と衝撃の吸収率の高さが魅力のヘルメットです。あらゆる角度の衝撃から頭を保護してくれるため、転倒することが多い初心者の方にもおすすめといえます。

海外ではもはや常識! スキー用ヘルメットの必要性

http://www.salomon.com/jp/product/ranger-1.html?article=391252

SALOMONの「RANGER²」は、条件の厳しいゲレンデでも安全にスキーを楽しむことができるヘルメットです。頭部を特別な設計でホールドしているため、強い衝撃を受けてもヘルメットが破損する危険性は小さくなっています。デザイン性が高く、オシャレも楽しみたいという方におすすめです。

いざというときに役立つアイテム

日本ではあまり浸透していないヘルメットですが、外国人スキーヤーにとってはスキーを楽しむうえで欠かせないアイテムです。自身の安全を確保するためにも、好みのヘルメットを探してみてはいかがでしょうか。

ニュース/コラム 一覧

ページの先頭へ