正しいスノボブーツ選びには試着が不可欠。試着時のポイント

ニュース/コラム
正しいスノボブーツ選びには試着が不可欠。試着時のポイント

2017/10/28

スノボブーツを購入するうえで最も重要なのが、「店頭で実際に履いてみる」ということです。これにより、見ただけでは分からない履き心地などを知ることができます。ここでは、試着するときのポイントや、人気ブランド「RIDE」のおすすめの商品をご紹介します。

試着時はここをチェック!

スノボ初心者の場合、ブーツ選びは全アイテム選びの中で最も重要なものといえます。自分の足に合っていないとうまく滑れないだけでなく、誤って怪我をする恐れがあります。そうならないためにも、店頭で試着しておくことが大切です。

ここでポイントとなるのが、「厚手の靴下を用意しておく」という点です。スノボを滑るときは、ゲレンデの寒さに耐えられるようブーツの下から厚手の靴下を履きます。「靴下を履くならこの程度の余裕があったほうがよいだろう」と適当に購入してしまうと、サイズが大きすぎるといった問題が出てくる可能性があります。お店によっては靴下が用意されていることもあるほど、ブーツとの相性はスノボを楽しむうえで欠かせないものなのです。

また、試着の段階でインソールを使用するか否かについて考えておくことも大切です。インソールはフィット感を高めるのに効果的なアイテムで、自身の足にぴったりのものを選べば滑っているときの疲れにくさも大きく異なります。なお、インソールの有無は商品によって異なります。もしも入っていないタイプを選ぶのであれば、インソールなしで長時間履いていても足が疲れないかを事前に知っておくことが大切です。そのうえでインソールが必要だと判断したら、選んだ一足と自身の足に合ったものを店員と相談しながら決めていきましょう。

上記のポイントを踏まえたら、早速スノボブーツ選び開始です。
フィット感の目安は、実際に履いてみたときに心地よい締めつけを感じる程度です。つま先のみやかかとのみに圧力がかかるのは望ましくなく、ましてや歩いている途中でかかとが浮いてしまうなどもっての外です。足全体に適度な圧力がかかっている状態がベスト。また、ブーツを履いたまま体を前方に傾けたとき、つま先が内側に触れる場合はワンサイズ上のものを選ぶのがおすすめです。つま先を伸ばしてみて、つま先が内側に軽く触れる程度がジャストサイズだといわれています。

RIDE おすすめはコチラ

以下では、人気ブランド「RIDE」から出ているおすすめのブーツを2足ご紹介します。

正しいスノボブーツ選びには試着が不可欠。試着時のポイント

http://ridesnowboards.com/boots/jackson?color=red

「JACKSON BOOTS」は、初心者にもぴったりなオールラウンドブーツです。ソールには、ゲレンデでの操作性に優れたMichelin® サミットソールを採用。クイック調節が可能で、自身の足とのフィット感を高めることができます。

正しいスノボブーツ選びには試着が不可欠。試着時のポイント

http://ridesnowboards.com/boots/hera?color=rose-gold

「HERA BOOTS」は、あらゆる地形や雪質に対応したオールマウンテンブーツです。レースにはBoa®レーシングシステムを採用しており、ホールド力と耐久性は抜群。着脱も容易なので、脱ぎ履きに手間がかかりません。

ほかにも、RIDEはさまざまなスノボブーツを取り扱っています。機能やデザインを考慮し、自身に合ったものを探してみましょう。

スノボを120%楽しもう!

スノボを思い切り楽しむためにも、ブーツはしっかりと選んでおきたいところ。RIDEのみならず、今や多くのブランドからさまざまなスノボブーツが出されています。自身に合った一足を探し、スノボを120%楽しみましょう。

ニュース/コラム 一覧

ページの先頭へ