どのポイントをみればいい? スキーウェア選びのチェックポイント

ニュース/コラム
どのポイントをみればいい? スキーウェア選びのチェックポイント

2017/10/10

初めてスキーウェアを選ぶ際には、どのようなポイントをチェックすればいいのか分からないものです。スキーウェアは日常的に使用するものではないため、一度買えばかなり長持ちします。言い換えれば、最初に買うときの選び方が重要だということです。ここでは素材面や機能面に着目して選び方を紹介していますので、ぜひご参考にどうぞ。

素材の性能に着目して選ぶ

スキーやスノーボードを楽しむためのウェアは、普段着や一般的なスポーツウェアとは素材の選び方が少し異なります。素材に着目する際に見たいポイントは、以下の2点です。

・防水性
雪原を滑走することから、防水性がとても重要です。ウェアに付着した雪は溶けて水になり、インナーに染み込んで体温を奪ってしまいます。

・透湿性
防水性に合わせ、スキーウェアでは透湿性も重要です。これは、汗による湿気をどれくらい外に放出できるかという性能のこと。この性能が高ければ、汗で蒸れることなく、ウィンタースポーツを快適に楽しむことができます。

以上が素材における着目点です。なお、以上の2点を満たした素材に“ゴアテックス”があります。世界で愛用されている素材なので、ゴアテックスを目印に探してみてもよいかもしれません。

機能にも着目して快適性を上げる

素材以外にも、スキーウェアが持つ機能面にも着目してみましょう。滑走時の快適さを追求するなら、以下の2点が重要です。

・パウダーガード
パウダーガードとは、スキーウェアに二重の構造を持たせ、雪が内側に侵入するのを防いでくれる機能のことです。雪がインナーにまで入ると当然ながらとても冷たいので、パウダーガードは必須機能だといえます。

・ベンチレーション
ベンチレーションとは、通気のこと。スキーウェアには大きなポケットやジッパーがついており、開けることで通気ができるようになっています。汗による湿気を飛ばすことができるので、どれくらい通気できそうかというのもチェックしましょう。

以上が、機能における着目点です。どれがいいのか分からなくなったときは、店員さんに聞いてみましょう。

40年以上の老舗ブランド BILLABONG

素材や機能にこだわってスキーウェアを選ぶなら、世界中から信頼を置かれるブランドを選択するのが確実。オーストラリア生まれのBILLABONG(ビラボン)は、そんな人気ブランドのひとつです。

どのポイントをみればいい? スキーウェア選びのチェックポイント

http://snow.gnavi.co.jp/snolog/billabong/77/

BILLABONGから発売されている“CRUZER JACKET”は、フリースキーやパウダースキー、フリースタイルなどあらゆるシーンで活躍するジャケットです。パウダーガードはもちろん、ゴーグルポケットやキーホックなどもついて使い勝手のよいウェアだといえます。

どのポイントをみればいい? スキーウェア選びのチェックポイント

http://snow.gnavi.co.jp/snolog/billabong/78/

CRUZER JACKETに合わせるなら、同じくBILLABONGの“LOGGER PANT“がおすすめです。素材面や機能面で優れているだけでなく、CRUZER JACKETと合わせやすいデザインとなっています。

BILLABONGには、ほかにも豊富なバリエーションがあります。デザイン性にもこだわりたいという方は、ぜひBILLABONGのラインアップをチェックしてみてください。

快適な滑走はよいスキーウェアから

ウェアにこだわることで、スキーを快適に楽しむことができます。長く使うものなので、自分の納得する一着を探してみてください。

ニュース/コラム 一覧

ページの先頭へ