自分にあったものを選ぼう! スノボブーツの種類徹底解剖

ニュース/コラム
自分にあったものを選ぼう! スノボブーツの種類徹底解剖

2017/10/09

スノボブーツのタイプはさまざまで、紐タイプ・ボアタイプ・クイックレースタイプ(スピードレース)の3つに分けることができます。タイプごとに違った特徴があるため、ブーツを選ぶ際にはそこに注目することが大切です。そこで以下にて、タイプ別の特徴にくわえて、一流ブランド「SALOMON」が扱うおすすめのスノボブーツについてご紹介します。

3タイプによって異なる特徴とは?

自分にあったものを選ぼう! スノボブーツの種類徹底解剖

スノボブーツはタイプによって特徴がさまざまなので、人によって向き不向きがあるとされています。そのため、選ぶ際には下記のことに留意しましょう。

・紐タイプ
紐タイプは、最もオーソドックスなタイプ。自分の好きなフィット具合に調節することができるため、安心感があります。また、万が一紐が切れてもすぐに交換できるため便利です。
ただ、スノボブーツはアウターが硬いので、慣れていないと紐をきつく縛るのに時間と労力がかかってしまいます。初心者や女性の方では慣れるまで大変ですが、もし自分に合ってしっくりくるなら手間を惜しまずに紐タイプを選ぶのもいいかもしれません。

・ボアタイプ
ボアタイプは、紐の代わりにワイヤーが取り付けられているタイプです。ダイヤルを回すことでワイヤーをきつく巻き上げることができ、少ない力でブーツを締めることができるほか、着脱も楽に行えるため初心者や女性におすすめといえます。
ボアタイプは足の甲からスネまで1本のワイヤーを使用しているため、紐タイプのように細かな微調整が行えません。店頭にて、実際に履いてみることをおすすめします。

・クイックレースタイプ
クイックレースタイプは、プロをはじめ多くの方が利用しているスノボブーツ。紐を使用していますが、足の甲から少しずつ締めていく紐タイプとは異なり、紐を一気に引っ張ることで締めることができます。また、結ぶのではなくロックをするという簡単な方法が魅力。足の甲とスネ部分で締め分けができるため、ボアとは異なりフィット感がより向上しています。着脱が楽な点も、魅力的です。

このように、ブーツの特徴はタイプによってさまざま。SALOMONなど、各ブランドによってもより細かに特徴があるので、しっかり吟味して自分に合ったものを選ぶことが大切です。

一流ブランド「SALOMON」のおすすめスノボブーツ

SALOMONとは、1947年に設立したウィンタースポーツ用品のブランド。機能性を重視したラインアップは、プロレーサーたちの声をしっかりとフィードバックした証といえます。そんなSALOMONのスノボブーツは、一足は必ず持っておきたいと思わせるほど魅力的なものばかりです。

たとえば、クイックレースタイプの「DIALOGUE」は、上部と下部で締め分けできる“ZONE LOCK”というレーシングシステムを採用。そのため、足首から上と下で締め分けが可能になっています。

自分にあったものを選ぼう! スノボブーツの種類徹底解剖

http://www.salomon.co.jp/snowboard/products/s-15-snowboard-boots/L37263300

また、RF3コンストラクションを採用したことで、足首に柔軟性を持たせ、なおかつブーツフレックスが長持ちするように作られています。快適なライディングをサポートしてくれるため、上級者はもちろん、これからスノーボードを初める方にもおすすめの一足といえます。

スノボライフの足元を支える、大切な相棒

スノボブーツを選ぶ際には、自分に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。履き心地の微調整に優れた紐タイプや、着脱が楽なボアタイプ、万能タイプのクイックレースなど、人によって合う合わないはさまざま。上記のことを参考に、ぜひ最高の一足を見つけてみてください。

ニュース/コラム 一覧

ページの先頭へ