きちんと出来ている? スノボのお手入れ方法

ニュース/コラム
きちんと出来ている? スノボのお手入れ方法

2017/10/15

アクティブでダイナミックなスノーボードは、世界中のプレーヤーから愛されるスポーツ。プロでなくても、マイボードを持っているという方は少なくありません。そんなお気に入りのスノボ板を長く使い続けるには、使用前と使用後のお手入れがとても重要だということをご存じでしょうか?
そこで以下にて、スノボ板のお手入れ方法と、人気スノボメーカー「FANATIC Snowboards」から2つのスノボ板をご紹介します。

そのかっこいいスノボ板、ちゃんとお手入れしている?

きちんと出来ている? スノボのお手入れ方法

スノボ板を長持ちさせるためには、しっかりとメンテナンスをすることが大切です。

滑る前にすること
滑りに行く前には、必ず板にワックスをかけましょう。ワックスをソールに塗ることで雪との摩擦を軽減させることができ、常になめらかな状態を保つことができます。仮にワックスをかけずに滑ってしまうと、“ベースバーン”と呼ばれる毛羽立ちが起こります。とくに、ターンをする際に重さが集中するエッジの脇などは摩擦が大きいため、むらなく塗るようにしてください。
上記以外にも、板を操作しやすくなるというメリットがあるため、ワックスがけは忘れないようにしましょう。

滑ったあとにすること
滑ったあと、板が破損しないようにソールカバーをつけますが、水分を拭きとらないままケースに仕舞うとエッジが錆びる原因となってしまいます。早いと4~5時間ほどでエッジが錆びることもあるため、タオルなどで水分を拭きとるようにしましょう。くわえて、自宅やホテルなどの落ち着ける場所についたら、ソールカバーを外してしっかり乾かしてください。
なお、乾かしたあとはソールの劣化を防ぐためにワックスをかけることを忘れないようにしましょう。

メンテナンスはスノーボーダーの役目。しっかりお手入れして、少しでも長く愛用できるように心掛けましょう。

これぞプロ仕様! 「FANATIC Snowboards」こだわりのスノボ板

1987年に創設された「FANATIC Snowboards」は、トレンドに流されることなく、常に最高のものをプレーヤーに提供し続けているスノボブランド。そんな「FANATIC Snowboards」から、こだわりのスノボ板を2つご紹介します。

1つ目は、「FTC TWIN CBC」です。

きちんと出来ている? スノボのお手入れ方法

http://www.wslc.co.jp/snow/fanatic/ftctwincbc.php

ボディには弾力のあるアッシュ材を使用しており、正確なコントロール力が魅力。蜂の巣のような網目が特徴的な“スーパースピンハニカム”を搭載したことで、強度はもちろん極限までスウィングウェイトを軽くすることを可能にしています。軽さとコントロールのバランスに優れた「FTC TWIN CBC」は、まさにパークライダーが求めるすべての性能を兼ね備えているといえます。
また、個性的なデザインをしているフラットノーズにより、ジャンプ時に最大の反発を得ることはもちろん、ディープパウダーをクルーズすることも可能。パークでもパウダーでも同じ板を使いたい、という方におすすめです。

2つ目は、「FTC TWIN VDC」です。

きちんと出来ている? スノボのお手入れ方法

http://www.wslc.co.jp/snow/fanatic/ftctwinvdc.php

こちらもパークライディングに適したスノボ板。「FTC TWIN VDC」は、「FANATIC Snowboards」でNO.1のモデルといっても過言ではありません。スーパースピンハニカムを搭載していることに加えて、生体工学を用いてデザインされたサイドカーブによって、安定感と正確なターン力を実現。板のセンター部分は反りが弱く、エアーの飛び出し・ストンプも安心して行えます。
軽くてコントロール力も優れた「FTC TWIN VDC」は、トリックを磨きたいパークライダーにおすすめのスノボ板です。

冬には欠かせない相棒だからこそ、しっかりメンテナンス

いかがでしたか? どんなに高級なスノボ板でも、お手入れをしなければ劣化してしまいます。そのため、滑る前後には必ず上記のメンテナンスを行うようにしましょう。
また、自分だけの板を探しているという方は、「FANATIC Snowboards」のFTCシリーズを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ニュース/コラム 一覧

ページの先頭へ