Bg-mountain3

ゲレンデへ繰り出す、その前に!スノーボードの選び方

ゲレンデへ繰り出す、その前に!スノーボードの選び方

人気のウィンタースポーツであるスノーボード。なかには、「今年こそはゲレンデデビューしたい」、「Myスノーボードが欲しい」と考えている方もいるはずです。そこで以下にて、初心者さんに役立つ自分に合ったスノーボード板を選ぶ方法と、スノーボーダーに人気のブランド“RIDE”のボードをご紹介します。

初心者さん必見! スノーボード板はこうやって選べ

スノーボード板にはさまざまな種類があるうえに、ブランドによってもボードの特徴が異なります。どれを選べばいいのか悩んでしまう方は、下記のことに着目して選びましょう。

・板の長さ
ボードを選ぶ際、とくに重要視しなければならないのが板の長さです。どんなにスノーボードが上手な人でも、自分の体格に合わない板を乗りこなすのは困難。ましてや初心者さんなら転倒し、最悪の場合ケガをしてしまう恐れもあります。
ボードは、自分の身長よりも低いものを選びましょう。175cm以上の人は「身長-約20cm」、160~175cmの人は「身長-約15cm」、160cm以下の人は「身長-約10cm」の長さの板を選ぶのがベストだとされています。

・板の太さ(ウエスト幅)
基本的に、スノーボード板は長さが長くなればなるほど幅も太くなります。そのため、ボード選びの際にそこまで心配する必要はないのですが、“身長の割に足が大きい人”は注意が必要! ボードの幅から足がはみ出すことで、ターンの際に雪面に接してしまう恐れがあるためです。
足に合ったボード幅を知るには、ブーツのサイズが目安になります。ブーツのサイズに対してマイナス1cm前後の幅のボードを選びましょう。

・板の堅さ
初心者や女性の場合、少ない力で滑ることができる柔らかい板がおすすめです。よい板はしなって反発するので、購入する際には柔らかくて反発力のある板を選ぶようにしましょう。

このように、スノーボード板を選ぶ際には色々な観点から絞り込む必要があります。ブランドによって形状などもさまざまなので、自分に合ったものを見つけるためによく吟味しましょう。

純粋にスノーボードを楽しむ人に寄り添うブランド“RIDE”

1992年に誕生したRIDEは、多くのスノーボーダーを魅了してやまないブランド。RIDEの商品は、シンプルながらも遊び心の感じられるものばかりです。そんなRIDEのボードのなかから、初心者さんにおすすめ商品をご紹介します。

1つ目は、左右非対称の“ASYMMETRIC SHAPE”というシステムを採用している「HELIX」。

板に強く踏み込まなくても、切れ味の鋭いエッジの効いたターンができます。上級者はもちろん、初心者にも適したオールラウンダーなボードとなっているため、初めてのボードにおすすめです。

ゲレンデへ繰り出す、その前に!スノーボードの選び方 http://snow.gnavi.co.jp/snolog/ride_snowboards/260/

レディース用モデルの「#OMG」は、アシンメトリカル・ハイブリッドツインシェイプを採用。

ターンがしやすいほか、ノーズとテールが反り上がっていることからパウダーでの浮力も抜群です。滑走の際の安定性に優れており、こちらもオールラウンダーなボードといえます。

これら以外にもRIDEのボードは多種多様です。性能はもちろん、デザイン性にも優れているため、ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか。

ゲレンデへ繰り出す、その前に!スノーボードの選び方 http://snow.gnavi.co.jp/snolog/ride_snowboards/268/

白に映える、自分だけのボードを……

スノーボード板を選ぶ際には、自分に合ったサイズや材質を選ぶことが重要です。迷ったときには、RIDEなどのスノーボーダー御用達ブランドのなかから探してみるのもいいかもしれません。
スノーボード板の購入をお考えの方は、上記のことをぜひ参考にしてみてください。

ページの先頭へ