Bg-mountain3

実はきちんと意味がある!スノボーで大活躍する「ゴーグル」の役割

実はきちんと意味がある!スノボーで大活躍する「ゴーグル」の役割

スノボー初心者のなかには、ゴーグルなしでセッションをする方もいます。しかし、ゴーグルは安全に滑るためには欠かせないアイテム。ここでは、ゴーグルが担っている役割や色別の保護効果、人気ブランドOAKLEYのアイテムの特徴をご紹介します。

うまい人は必ず着けている ゴーグルの重要性

ゴーグルには、セッション中の視界を確保するという役割があります。スピードを出して滑っているときや、風や雪の強い悪天候の日は、目が開けづらくなります。こういったとき、ゴーグルを装着していれば視界をはっきり確保していられるので、転倒などのリスクを下げることができるのです。もし転倒しても、ゴーグルがあれば目を保護してケガを防ぐことができます。 くわえて、スノボーをするうえで必ず知っておきたいのが雪焼けについてです。真っ白な雪山は太陽光の反射率が高いため、場所によっては約2倍の紫外線を浴びることになります。この点、UVカットレンズを使用したゴーグルがあれば紫外線から目を守ることができるのです。

スノボー上級者から人気の高いブランド“OAKLEY(オークリー)”

では、ここでスノボー上級者から人気の高いOAKLEY(オークリー)のアイテムをご紹介します。 OAKLEYは、1975年にアメリカで設立されたスポーツ&ライフスタイルブランド。どんな状況でも目を保護できるゴーグルをつくろうと積極的に技術開発を行っており、現在ではアイウェア業界を代表するブランドとして人気を博しています。

オススメはOAKLEYの「AIRBRAKE™ MX FLIGHT SERIES GOGGLE」

数あるゴーグルのなかでも高性能な一品です。抜群のフィット感とフレームの軽さ、衝撃に強い“Plutoniteレンズ”の採用、くもり止め加工など、たくさんの魅力があります。

実はきちんと意味がある!スノボーで大活躍する「ゴーグル」の役割 http://jp.oakley.com/ja/shop-by-sport-mx/mx-goggles/airbrake-mx-flight-series-goggle/product/WGOO7046FS?skuCode=OO7046-31

何色を選ぶ? 色ごとにみた保護効果……

ノボーをするうえで必要不可欠なゴーグルですが、はレンズの色により保護効果が異なります。最もオーソドックスで初心者におすすめの色が、オレンジです。晴れの日は太陽光を遮り、曇りの日は視界をクリアに保ってくれるため、オールマイティーに利用することができます。このほか、オレンジより少しだけ暗がりに強いピンクもおすすめです。
レーやスモーク系のレンズは、薄暗い着色で太陽の眩しさを遮ってくれるため、晴れの日にとてもおすすめです。ただし、曇りの日やナイターでは周りの色と同化して視界が悪くなるため注意が必要です。一方、クリアのレンズは裸眼同様に周りを見ることができるため、曇りの日やナイターでの利用に適しています。
ゴーグルを装着し、安全にスノボーを楽しもう

ページの先頭へ