スキー場を思いっきり楽しみたいと意気込んでいる方の中には、意外と「スキーをやったことがない」という方も多いかもしれません。スキーは雪国であれば馴染みのあるスポーツですが、雪が降らない地域の人は初心者も多いですよね。今回の記事では初歩の初歩となるのですが、スキーの滑り方について解説いたします。併せて止まり方から曲がり方までご紹介するので、これからゲレンデデビューしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スキーに挑戦したいけど、まず何から始めれば良いんだろう・・・。

雪国だと学校で習うらしいけど、やったことがない人も多いよね!もしこれから始めるならスキーの滑り方くらいは知っておいた方が安心かもね!

でも止まり方も曲がり方も知らないから、ちょっとゲレンデデビューが不安だなぁ。

それじゃあまずはスキーのイロハを解説するから、スキー場に行く前に確認しておいて!そうすれば心配する必要はないよ!

まずは初歩に挑戦!スキーの基本姿勢と歩き方

まず、スキーでゲレンデを気持ち良く滑るためには、基本姿勢を守らなくてはなりません。ボードに比べてバランスがとりやすいスキーではそこまで基本姿勢を厳しく守る必要もありませんが、それでも基本姿勢はすべての滑りに影響してきます。板の種類によっても違ってくるのですが、最初は立ち上がったまま板に足を固定することが必要です。この際、板と足がしっかり固定されていることを確認し、前後左右に動かしても外れないかどうか確認してください。問題なければそのまま歩いてみて、どこか故障や不具合がないかも確認しましょう。
歩き方の基本となるのは横歩きと八の字歩きの2種類です。横歩きはゲレンデに対して横向きになり、そのまま雪山などを登っていく歩き方となります。八の字歩きは開脚歩行とも呼ばれるもので、板をハの字にする歩き方となります。この2つの歩き方さえ習得すれば、スキー場では特に問題ないでしょう。
この際、リフトに乗る前に平坦な場所で歩いて練習することをおすすめします。スキーは比較的バランスもとりやすいですが、歩いてみると重心がふらふらと前後左右に移動するのがわかります。原則としてスキーではこの重心をどこに持っていくかで進行方向をコントロールするため、基本姿勢は板の中心に重心が来るように意識しましょう。
なお、選ぶ板の種類によっても重心が変わってきます。スキーは大きく分けてロングスキーとショートスキーがあるのですが、その他にもかかとを固定しないテレマークスキーや曲がることに特化したカービングスキーなどがあります。どの板を選ぶかで基本姿勢も若干変わってくるため、自分に合ったものを選びましょう。
ちなみに、歩くときには普通に歩くというよりも雪の上に足を滑りこませていくように歩くようにするなど、板で滑るという感触に慣れることも重要です。こればかりは練習すればすぐにできるようになるため、平坦な場所を借りて数分~数十分練習してみてください。

ボーゲンから直滑降まで!初心者が知っておくべき滑り方

スキーはただ雪山を板で滑ってくるだけと思っている方も多いのですが、実は滑り方にも数種類あります。さすがにアスリートのように滑ることはできなくても、いくつかの滑り方をマスターしておけば、ゲレンデを思う存分楽しめるのではないでしょうか。ではどのような滑り方があるのかというと、以下のような滑り方があります。

1.ボーゲン
2.ターン
3.直滑降

基本中の基本となるのがボーゲンという滑り方です。ボーゲンというのはいわゆるハの字での滑り方であり、板の先端であるトップはそのままに板の末端であるテールを開く滑り方となります。こうすることによって傾斜のある雪山でも自然に減速しつつ滑ることが可能です。スキーにおいてはこのボーゲンが滑り方の土台となるため、必ず習得しておきましょう。
なお、ボーゲンの際には太ももの内側に力を維持してハの字を維持しなくてはならず、前傾姿勢を保つことも重要です。できれば、前傾姿勢を整えたまま膝をクッションのように、バランスをとりながら滑るよう意識しましょう。あまりにも膝を伸ばし切ってしまうと重心をコントロールしにくくなるため、少しだけ膝を曲げた状態で滑るということも意識してみてください。
次に大切なのがターンです。これはいわゆるジグザグ滑りと呼ばれるもので、ゲレンデを縫うようにして滑るのが特徴となっています。アスリートがやっているようなターンは無理でも、雪山に対してジグザグに滑ることで傾斜を緩やかにし、ゆっくりと滑ることができます。いきなり直線をボーゲンで滑るというのは勇気が必要なので、左右に進行方向をターンしながらボーゲンで降りてくる滑り方も併せて習得しておきたいです。これらのターンは多種多様なやり方があるのですが、基本となるのはボーゲンを使ったターンとなります。
最後に直滑降ですが、これは文字通り雪山に対して板を縦向きにし、そのまま滑っていく滑り方です。ボーゲンはハの字にすることで雪山との摩擦を利用するのが特徴でしたが、直滑降の場合はそのまま下に滑っていくのが特徴です。当然ながら速度も他の滑り方の比ではありません。最高速度では時速45kmほどになることもあり、平均でも時速20km~30kmほどとなるため、初心者は無理にやらない方がおすすめです。
スキーの基本となるボーゲン、それを使ったターン、そして直滑降。これらの滑り方を習得しておけば大抵のスキー場は問題はないので、初めてゲレンデデビューする方はこれらの滑り方を練習しておきましょう。

怪我をしないために!スキーの安全な止まり方

スキーの止まり方には主に2種類あります。1つはボーゲンによってハの字の角度を広げていき、最終的に止まる方法です。もう1つは斜面に対して板を横向きにすることで止まる方法です。
これらの止まり方は特に決まりがあるというわけではないですが、スキー初心者の場合はボーゲンで止まることをおすすめします。前述の通り、板のトップはそのままにテールを開いていくことによって、徐々に減速して止まれます。この際、急激に角度を開こうとすると危険なので、徐々に板の角度を開いていくようにしましょう。
なお、左右均等に押し広げていくよう気をつけておけば、すぐに止まることができます。ただ、ゲレンデによって傾斜が違ってくるため、ボーゲンだけでは止まれないこともあるかもしれません。そこは状況に応じてトップとテールをうまく閉じたり開いたりしながら減速していきましょう。スピードが落ちてきたら、そのまま停止してください。
最初は重心が前後左右に揺れてしまうことで、なかなかうまく止まれないこともあります。そのため、両足を左右均等に開くことを意識してください。特にスキー初心者は体が偏ってしまっていることも多いため、斜面に対して板をどのように扱うかも重要です。
ちなみに、スキーの中級者や上級者となってくると、斜面に対して板を横向きにしズザザッと止まる人もいるかと思います。しかし、これは慣れている人であればかっこよく止まれるのですが、初心者が無理に板を揃えて横向きにしてしまうのは危険です。雪との摩擦で一気に減速した下半身に振られ、上半身が前に吹き飛んでしまいます。そのまま転倒して怪我をする可能性もあるので、慣れないうちはボーゲンで止まるようにしてください。
これらの止まり方は練習あるのみですので、スキー場に到着した場合は緩やかな傾斜などで練習してみましょう。いきなり傾斜が急な中級者・上級者向けのコースを選ぶ人もいますが、そこは初心者コースから慣れていくことをおすすめします。かっこよく滑りたい気持ちもわかりますが、安全第一でいきましょう。

方向転換もお手の物!自由自在に動くための曲がり方

スキーはただ雪山から滑ってくるのではなく、方向転換を覚えるだけで各段に上達します。それらのターンを覚えることによって、雪山から眺めることのできる絶景を楽しむ余裕も出てくるでしょう。最初はどうしても板と雪を見つめて滑りがちですが、曲がり方を習得すれば自然と体で反応できるようになります。
もちろん、難しいことなどありませんので安心してください。まずスキーの曲がり方で最初に知っておきたいのが、腕や手の使い方です。どうしてもターンと聞くと足腰に注目しがちですが、スキーでは腕と手を使いこなすだけで簡単に曲がれます。
イメージとしては腕と手を羽根のように広げる感覚ですね。そのままの姿勢をキープして、曲がりたい方向の手と逆の手を下げるようにしましょう。例えば、左に曲がりたいなら右手、右に曲がりたいなら左手を下げるだけです。こうすると自然と重心が移動し、思っている方向に曲がることが可能です。
ちなみに、腕と手をしっかり広げて風を受け止めることにより、スピードを抑えることにも繋がります。速度はボーゲンによって調節することもできますが、両手を開いて調節することによって、より板全体をコントロールしやすくなります。あまりにもスピードが出ている状況で無理に曲がろうとすると転倒の原因となるため、減速もかねて両手を上手に使うことが非常に重要となってきます。
ただ、人によっては「アスリートみたいにシュバッと曲がりたい」という方もいるかもしれません。確かにプロのように曲がれたらとてもかっこいいのですが、あれはエッジの使い方を熟知しているからこそできるものです。その一方、スキーの板にはエッジと呼ばれる部分があるのですが、それらのエッジを使って雪を切るように曲がるカービングターンなどを習得すれば、よりかっこよく滑ることもできます。しかし、これらのターンは練習すれば簡単にできるようになるものの、慣れないうちは危険もあるので注意が必要です。
曲がり方はちょっとした体重移動でもできるため、曲がりたい方向に体を傾けることでも可能です。これはエッジの使い方がわかってくればよりやりやすくなるため、視線は遠くを見て体で覚えていくようにしましょう。

脱初心者!パラレルターンのやり方と注意点

志賀高原スキー

スキー初心者が中級者や上級者と明らかに違ってくるのは、パラレルターンができているかいないかによって大きく違ってきます。
パラレルターンとはいわゆる板を平行に並べる滑り方で、曲がるときに曲がる方向と反対の方向のエッジを立てて曲がるのが特徴です。
もちろん、スキー初心者の多くはボーゲンで滑るのが安心安全です。しかし、やはりボーゲンで滑っているうちはどうしても初心者らしさが抜けてくれません。そのため、初心者を脱したいということなら、まずはパラレルターンを習得しましょう。
パラレルターンと聞けば常に板を揃えて平行にすることだけに気が向きがちですが、実際に大切なポイントは他にあります。そのポイントとは、膝と目線です。
パラレルターンは両膝でテニスボールを挟んでいるイメージを持つと、一気に上達します。そのテニスボールを挟んだ両膝を使い、曲がりたい方向とは反対のエッジを立ててみてください。すると自然と曲がりたい方向にターンできます。この際、目線はついつい足元を見てしまうかもしれませんが、目線を落とすとバランスがとりにくくなり、パラレルターンがいつまで経っても上達しません。そこは勇気をもって進行方向を向きましょう。
また、板を揃えると直滑降のような姿勢となるため、ついつい恐怖で重心を後ろに持っていってしまうこともあるかもしれません。しかし、それだと板が浮いてしまって余計にスピードが出ますし、後ろに倒れ込んだまま滑ってしまう非常に危険な姿勢となってしまいます。
パラレルターンにはある程度のスピードが必要なので、思い切って前傾姿勢になるようにも意識を向けていくと成功しやすいです。ぜひ、試してみてください。

スキーの滑り方をマスターすれば可能性は無限大!

スキーの滑り方については「今更人には聞けない」と思っている方も多いかもしれません。しかし、だからこそきちんと基本を知り、練習を重ねていくことが重要です。うまく滑られるようになれば、ウィンタースポーツのシーズンがもっと楽しみになるはずです。
スキーは基礎となる滑り方の他に止まり方と曲がり方を知っておけば気軽に楽しめるウィンタースポーツでもあるので、ぜひ今回の記事を読んで可能性を広げていってください。

スキー・スノボツアーを探す

<スノボ初心者向けの記事はこちら♪>
スノボの滑り方!ターンからS字までかっこいい滑り方を解説

<その他のスキー・スノボ初心者向け記事はこちら♪>
スノボ・スキー初心者ならここ!おすすめスキー場★長野・新潟・群馬・東北エリア
初心者でも安心の東北おすすめスキー場7選★初級コース情報あり
長野県で初心者向けのおすすめスキー場8選♪スノボ・スキー

SKIPPIN編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ