スキーやスノボを本格的な趣味として始めるなら準備しなくてはならない持ち物も多いです。しかし、まずは「日帰りで体験してみたい」という方もいるかもしれません。そういう日帰りでのスキーやスノボでは何を持っていくべきでしょうか?代表的な持ち物としては板やウェアやインナーがありますが、他にもネックウォーマーや日焼け止めがあると重宝します。そこでこの記事では日帰りスキーで用意しておきたい持ち物をご紹介します。

日帰りでスキーに行きたいんだけど、持ち物は何を持っていけばいいのかな?

これから本格的な趣味にするなら揃えたいものもたくさんあるんだけど、日帰りなら最低限の持ち物があれば良いんじゃないかな!

そうだよね!私の場合は初心者だし板と防寒着と・・・。

あ!確かに最低限の持ち物があればいいんだけど、日帰りスキーであっても快適に楽しむなら持っていきたい持ち物もあるかも!ちょっとまとめてみるから参考にしてみてね!

ボードからウェアまで!日帰りスキーに必需品の持ち物

日帰りスキーであっても必需品となる持ち物を忘れてしまうと、最悪の場合は滑ることすらできずに帰宅なんてことになってしまうかもしれません。近年は最低限必要なものはレンタルできるスキー場が多いので問題はないですが、それでも用意できるものは事前に用意して向かうことに越したことはありません。まずは、以下にて必需品を1つ1つ確認していきましょう。

1.ボード(板)

ウィンタースポーツをするなら必ず必要となってくるのが、ボードと呼ばれるものです。これらは板とも呼ばれており、マイボードを持つだけでやはりテンションも上がります。そのため、日帰りであってもお気に入りのデザインのものを購入して持っていくのがおすすめです。
板にはそれぞれ種類があり、その種類ごとにデザインも形状が違ってくるので、購入して持っていく場合は自分に合ったものを選びましょう。

2.ビンディング(固定器具)

足と板とを固定する器具のことをビンディングと呼びます。このビンディングは板とセットになっていることが多いため、ビンディングのみを用意するということはありません。しかし、逆に言えばスキーやボードでは必須となる道具なので、自分の板にビンディングが装着されているかどうかは事前に確認しておきましょう。

3.リーシュコード(紐)

リーシュコードというのはいわゆる足と板を固定する紐のことを指します。ゲレンデを滑っていると板が外れて流れてしまうこともあります。それを防ぐために必要となるのがリーシュコートです。これらの紐は安全確保のために必須となります。特にゲレンデには大人から子供までいるので、板が流されていくのは危険です。事実、スキー場の多くはリフトなどでの装着を義務付けていることが多いので注意しましょう。

4.ブーツ(靴)

ブーツは足と板を固定できるようになっている装備の一種である他、ゲレンデを滑る際に足腰を支えてくれる道具となっています。そのため、自分の足にフィットするものを持っていくことが必要です。特に同じサイズであっても足によっては合う合わないというある種のクセがあるため、履きなれたものが望ましいです。もし新品を買う場合は、一度ゲレンデではなく平地で履いて馴染ませてから滑ることをおすすめします。

5.帽子

ゲレンデは天候によって環境が大きく左右されるため、防寒着は必須です。その中でも特に必須と言えるのが防止です。それも耳まで覆えるニット帽など、より保温性に優れたものを準備しておきましょう。ただ、頭が蒸れることもあるため、通気性に優れているものを選ぶのも重要です。これに関してもスキー場に向かう前にウィンタースポーツショップで購入しておきましょう。特に耳をしっかり覆えるものを選ぶというのがポイントです。

6.ウェア

ウィンタースポーツ初心者にありがちなのが「どうせ日帰りだし薄着でも大丈夫でしょ」と安易に考えてしまうことです。確かにゲレンデを滑っていると体の代謝や太陽の照り返しなどで暖かく感じることもあるのですが、それでも地域によっては氷点下を下回ることもあります。そんな中で何十分何時間と滑っていると、気づかないうちに体が冷えてしまっていることもあります。ウィンタースポーツではちょっとした判断ミスが体調不良に繋がるので、ウェアは必ず防寒着として持っていくようにしましょう。

7.ゴーグル

ゲレンデの天気は非常に変わりやすいです。特に標高が高い地域にあるスキー場の場合、さっきまで晴れていたのに突然雪が降るということもあるでしょう。そんなときに必須となるのがゴーグルです。裸眼で視界不良となると目を開けているのもつらくなるため、悪天候時の視界確保のためにもゴーグルは準備しておいてください。また、ゴーグルによっては強い日差しから目を守ってくれるものもあるため、雪山では必ず持っておくようにしてください。

8.グローブ

ウィンタースポーツで意外な盲点となってしまいがちなのが手です。足には気を遣っているのに手は無防備という人もいるでしょう。それでは手が凍えてしまうので、必ずグローブいわゆる手袋を用意してください。特に休憩の際には雪に手をつくということもある他、気づけば手が濡れているということもあるでしょう。そうなると一気に手が凍えてしまうため、グローブも必需品です。

防寒具に日焼け止め!日帰りスキーであると便利な持ち物

日帰りスキーではある程度の持ち物があれば楽しむことができるのですが、より快適にゲレンデを満喫したいということなら、持っていきたい持ち物も他にたくさんあります。そこで、ここからはあると便利な持ち物を1つずつご紹介します。

1.防寒具(インナー、アウター、マフラー、マスク、靴下、手袋)

ウェアも防寒具の一種なのですが、その他にも自分の体質に合わせてインナーやアウターを持っていくのがおすすめです。暑がりな人はそこまで厚着する必要もありませんが、寒がりな人はしっかりと厚着しないと快適に滑ることができません。
状況によってはマフラーやマスクなど首や口を覆えるもの、靴下や手袋など末端を覆えるものなどがあるとより安心です。特に天候が変わりやすいゲレンデでは、必要がなさそうでも防寒着を用意しておくことが大切です。

2.化粧品(日焼け止め、リップクリーム、ハンドクリーム)

男性であればあまり必要ないものかもしれませんが、女性は化粧品なども持っていくと安心です。ただ、ここでいう化粧品とはメイク道具というよりは日焼け止めやリップクリーム、ハンドクリームのことを指しています。
特にゲレンデは太陽光の照り返しなどもあり、気づけば日焼けしていることも多いです。ゴーグルなどをしていると、その形に日焼けしてしまうこともあるため、太陽に焼かれたくないという人は日焼け止めも持っていくようにしましょう。また、ゲレンデは乾燥することも多いため、肌の潤いが気になる人はリップクリームやハンドクリームも持参してくださいね。

3.身分証明書・健康保険証

特に必要ないと思う人も多いかもしれませんが、もし現地で道具をレンタルしようと思っている方は、身分証明書が必要となります。身分証明書は免許証などで十分です。学生であれば学生証でもレンタルできることが多いです。
なお、ゲレンデでは体調不良となることもある他、怪我をしてしまうこともあります。その場合は病院に直行することもあるため、健康保険証も持っていくようにしましょう。

4.ハンカチ・ティッシュ

ゲレンデは気温も常に0℃前後のため、ついつい寒くて鼻水が出てしまうこともあります。そのため、ハンカチやティッシュは持っておくことをおすすめします。
また、休憩中にトイレなどを使った際も、洗った手を拭くものが用意されていないこともあるので、ハンカチやティッシュは意外と重宝するはずです。

5.軽食・お菓子

夢中になってスキーやボードをやっていると、いつの間にか相当なカロリーを消費していることもあります。本来はスキー場に設置されている休憩所などで食事をしたりもできるのですが、小腹が空いたときにパクッと食べられるものがあると便利です。
もちろん、ゲレンデの飲食は原則禁止とされていることも多いので、あくまでも食べるのは滑り降りてきたときに限ります。当然ですが、飲食で出たゴミをポイ捨てするのも絶対にやめてください。

6.防水スプレー

もともとウィンタースポーツに使う道具は防水加工だけではなく、撥水加工をされていることも多いです。しかし、長く使っているとそれらの機能が低下してくることもあり、気づけば雪でかなり濡れてしまっていることもあります。それは体温の低下に直結するため、防水スプレーなどもあらかじめ用意しておきましょう。

7.曇り止めクリーム

ゴーグルは気温によって曇ってしまうこともあります。そうなると視界不良となり大変危険なので、曇り止めクリームなどがあると便利です。悪天候の際にはゴーグルを使う人も多いので、セットで曇り止めクリームを持参するようにしましょう。

8.薬・絆創膏

夢中で滑っていると気づかないうちに擦り傷や切り傷ができていることもあります。その場合、放置しておくと危険なので、絆創膏などで覆うようにしましょう。特に絆創膏はあって困ることはないので、常に持参することをおすすめします。
また、常に寒い環境下で滑ることになるため、困ったことに腹痛や頭痛を引き起こしてしまう方もいます。そういう場合に備えて薬を持っておくというのも便利です。

9.スマホ・携帯

これはもはや必需品といっても良いのですが、スマホや携帯も必ず持っていくようにしましょう。広いゲレンデでは仲間とはぐれてしまうこともある他、ほとんどないものの遭難してしまうという可能性も0%ではありません。
そのため、万が一のときに供えてスマホや携帯は常に肌身離さず持っていてください。単に時計代わりにしたり、天気を調べたり、音楽を聴いたりするのに使うこともあるため、持っていくと意外と便利だったりします。

10.財布

財布もあったら便利というより持っていくしかないものです。そもそもゲレンデは無料で利用できるものではないので、必ずお金が必要です。そこは有料のスキー場を利用する際には必ず必要となります。これらの貴重品も原則としては肌身離さず持っておくことが重要です。

日帰りならレンタルや現地調達もおすすめ!

ここまで日帰りスキーに必要な持ち物をご紹介しましたが、必需品と呼べるものに関してはレンタルできることも多いです。例えば、板はほとんどのスキー場でレンタルできますし、ウェアなどもレンタルできるところが多いです。その他、必要なものに関してはスキー場まで向かう途中で、コンビニなどで現地調達するという方法もあります。単純にスキー場の売店などで売っているものも多いので、そちらで必要なものを揃えるというのも良いでしょう。ただし、スキーやボードを楽しみたい方は多く、スキー場によっては非常に混雑していることもあります。そうなると板やウェアが希望のサイズでレンタルできないこともあるため、借りたい場合は早めに申し込んでおきましょう。子ども用のレンタル用品も取り揃えているスキー場も多いですが、サイズなど予め事前に確認しておいた方が良いです。
また、直接肌に触れる帽子やブーツなどもレンタルできることはできるのですが、これも数回以上使うということなら購入してしまった方がお得です。単純に衛生的にも気になる人がいるかもしれませんね。そこは予算と照らし合わせながらレンタルするものや現地調達するものを決めてみてはいかがでしょうか?

持ち物をしっかり準備して日帰りスキーに挑もう!

日帰りスキーとはいっても、何も持たずに行くというのは難しいです。ゲレンデでレンタルすることもできるのですが、1回のシーズンに何度もスキー場を訪れるなら購入してしまった方がお得かもしれません。こちらの記事でご紹介した持ち物があればゲレンデをより過不足なく楽しむことができるため、ぜひしっかり準備してから楽しんでくださいね!

スキー・スノボツアーを探す
SKIPPIN編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ