スノボ初心者にとって滑り方を知ることはとても大切です。中には「習うより慣れよ」精神でいきなりゲレンデに突撃する人もいるのですが、無謀な挑戦はただ怪我をしてしまうだけです。そのため、きちんと「習って慣れて」いくことが重要となります。
ここではそんなスノボ初心者の方に向けて、絶対に知っておきたい基本姿勢を解説します。併せてターンやS字などかっこいい滑り方についてもご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スノボを始めたいんだけど滑り方がいまいちわからないんだよなぁ・・・。

確かにスキーは学校で習った人もいるかもしれないけれど、スノボとなると習ったことがない人も多いよね!そういう人はまず基本姿勢から知っておくと安心だよ。

基本姿勢って言ってもただ板に乗るだけじゃないの?

それはそうなんだけどスノボでは基本姿勢が必要不可欠だから解説するね!かっこいい滑り方なんかもまとめちゃうから、最後まで聞いてほしいな。

まずはここから!スノボの基本姿勢による滑り方

スノボの滑り方で必要不可欠となるのが基本姿勢です。この基本姿勢がなっていない人は上達しようと思ってもなかなかできません。サッカーでもボールの蹴り方がわからなければ上達しませんし、野球でもボールの打ち方がわからなければ上達しません。それと同じようにスノボでも基本姿勢をしることが最初のステップとなります。
特にスノボ初心者の方はこの基本姿勢から始めてみましょう。まずは板の上に体重を乗せる感覚を養うため、平らな場所を見つけて練習しましょう。スキー場に行けばいきなりゲレンデで滑りたくなるものですが、その気持ちをグッと我慢して平らなところで練習してください。
最初は板と足を固定して、軽く膝を曲げましょう。そのときに両手を広げてバランスを調整してください。ちょうど綱渡りをするかのように板に乗りながら両手でバランスを確保してください。この際、重心が板の真ん中に集まるように意識しましょう。
慣れてきたら体を上下左右に動かしてみて、どうバランスをとれば良いのか体に教えていきます。この際、重心が動くと同時に板に乗っている感覚がより強くなるため、体の位置を確認しながら練習を繰り返しましょう。
実際に滑る際にはこの体の重心がどこにあるかがとても重要となってきます。例えば、重心を前に傾けていくと板は進みます。スノボ初心者の場合は前に進むことで恐怖を感じてしまい、ついつい足腰を後ろに引いてしまうことが多いです。特に足腰が伸びきってしまうと重心が後ろに移動してしまい、コントロールも難しくなってしまいます。最悪の場合は転倒する恐れもあるため、常に体の重心を意識して板の扱いを覚えていきましょう。
もちろん、逆に前かがみになり過ぎてしまうと前に転倒してしまうので、重心は常に地面と接地面が平行になるよう意識してください。

怖がりな初心者必見!スノボの安全な止まり方

スノボでは滑り方を知ることも大切なのですが、それ以上に気をつけておきたいのが止まり方を知ることです。止まり方を知らない初心者は、まるでブレーキのない貨物列車と同じです。通常の板であれば平均時速10km~20kmというところですが、人によっては時速30km以上のスピードが出てしまう人もいます。そんな人が安全な止まり方を知らなければどうなるでしょうか。想像しただけでも恐ろしいです。
スノボの練習をするのなら滑り方だけではなく止まり方も併せて練習しておきましょう。ただ、ここまで散々煽ってきたわけですが、スノボの止まり方はとてもシンプルです。
止まり方はボードを進行方向に対して横向きにするだけです。その際、後ろに重心を持っていくことでスピードが落ちてきます。あとは体重を意識して後ろに持っていくとより確実に止まれるはずです。特に板を横向きにしたらつま先を上げ、かかとを下げるように意識するとより止まりやすくなります。
ただ、スノボ初心者の場合は急に止まろうとする方が多いのですが、他のプレーヤーのいるゲレンデで急ブレーキするのは絶対にやめてください。スキー場に何度も通っている人であっても、そういう初心者の動きに対応できずに激突してしまうこともあります。お互いに大怪我となれば最悪の1日になってしまうため、減速はゆっくりゆっくり行うことを意識しましょう。
最初は進行方向に対して上半身だけを横向きにし、その後徐々に下半身を横向きにしていくと安全に止まれます。これらの止まり方も練習を重ねることでできるようになるので、まずは平らな場所で練習してみてください。

コケても大丈夫!怪我をしないための転び方

スノボでは滑り方と止まり方の他に、転び方もマスターしておきたいです。人によっては「え?正しい転び方なんてあるの?」と思うかもしれません。しかし、スノボだけではなくウィンタースポーツは「滑る」ということが基本となるため、正しい転び方を習得しておくことはとても重要です。怪我をしたくないということなら、併せて練習しておくことをおすすめします。
まず意識として「転ぶ=恥ずかしい」と思っている方も多いでしょう。しかし、ウィンタースポーツは転べば転ぶほど上達するスポーツとも言われています。もちろん、転ばないことに越したことはありませんが、たくさん転んだ人の方が怪我をしません。まずは「転ぶ=恥ずかしい」という認識を取り払って、どんどん転んでみてください。転ぶことによって正しい転び方を体に覚えさせていくことが、怪我をせずに転ぶための第一歩となります。そもそもどんなにスノボが上手な人でも転んだことがない人などいませんし、どれだけ上達しても転ぶときは転びます。だからこそ、転び方を知っておくことはスノボ初心者だけに限らず、中級者から上級者まで必須事項なのです。
特にスノボ初心者に多いのですが、転ぶ際に手をついてしまう人も少なくありません。ただ、これだけは絶対に厳禁です。ゲレンデも角度からして前のめりに転んでしまうことも多いのですが、必ずお尻からストンと落ちるイメージで後ろに転びましょう。もし転びそうになったら、重心を後ろに持っていってゆっくりとしりもちをつく形になるのが理想です。転ぶというよりも座る感覚に近いかもしれませんね。
これを守らずに手をついて転んでしまうと最悪の場合は捻挫や脱臼、骨折をしてしまう可能性があります。むしろボードを空に向けるように転ぶことで、無理な姿勢になることも避けられます。そうすれば関節を痛めることもありませんし、骨や筋肉に対する負担も軽減できるでしょう。
特にスノボ初心者は前から転びがちなので、後ろからお尻で転ぶように練習しておきましょう。スノボ教室などでもこれらの転び方から教えてくれるところが多いので、もし自分で転び方の練習をするのが難しいということであれば、スノボ教室に通ってみるというのもおすすめです。

転ばないために知っておきたいポイントとコツ

スノボを上達するために転ぶことは必須とも言えるものですが、せっかくなら転ばずに気持ち良くプレイしたいと思いますよね。そもそも滑ることを楽しみに来たのに、転んでばかりだと楽しめることも楽しめ亡くなってしまいます。そんなときは転ばないために意識しておきたいポイントやコツもあるため、そちらも意識して滑りましょう。
まず、転ばずに滑るために意識したいのが、目線を近づけすぎないということです。目線が足元ばかり見ていると、当然ながらバランスが崩れて転びやすくなってしまいます。そのため、可能な限り遠くを見るようにして、目線を常に前に持っていきましょう。そうすることで重心もまっすぐになり、自然と転びにくくなります。
また、スノボ初心者は膝をピンと伸ばして滑りがちなのですが、基本姿勢の項目でも解説した通り、少しだけ膝を曲げることが重要です。棒立ちだと不安定な足場ではバランスがとりにくいため、膝を曲げることで重心を状況に応じて移動させられるように意識しておきましょう。
その他、エッジを使いこなすことも重要です。ボードにはエッジと呼ばれる金属のパーツが装着されています。通常はこのエッジを使って滑るわけですが、これが進行方向と逆になってしまうと転倒の原因となります。特に体が進行方向を向いている際にはかかとのエッジを、体が進行方向とは逆を向いている際にはつま先のエッジを使いましょう。
これらのポイントやコツを知って練習するだけで、上達のスピードが各段に違ってきます。

もし転んでしまったら!簡単にできる立ち上がり方

どんなに転ばないための練習をしていたとしても、ゲレンデの状況によっては転倒してしまうことも少なくありません。スキー場は安全に配慮して常に整備しているものの、プレーヤーがいる間は条件によってそのプレイ環境も常に変化します。その場合、転んでしまうということもあるでしょう。そんなときに知っておきたいのが、簡単にできる立ち上がり方です。これを知っておくと復帰するのも楽になり、余計な負担をかけずにプレイを再開できます。ただ、転ぶ方向は前の可能性もあるし後ろの可能性もあるため、それぞれ状況ごとに正しい起き上がり方を知っておくことも重要です。
まず前に転んでしまったときは、腕と手をしっかりついて四つん這いの状態になりましょう。そのまま体を安定させ、転ばないように重心を整えます。うまく四つん這いになれたら、そのままボードの上にお尻を乗せるような感覚で体重移動させていきます。その際、手は前についたままにして、徐々に膝に手を近づけていくようにすると楽です。
次に後ろに転んでしまったときは、斜面に対して板を横向きにして姿勢を整えてください。その後、片方の手でボードのつま先を掴み、もう片方の手は地面につけたまま立ち上がります。この際、ゆっくりと重心を意識して立ち上がると、思いのほか膝に負担をかけずに立ち上がることができます。

ターンやS字などのかっこいい滑り方と注意点

ただただゲレンデを滑るというのも楽しいのですが、ちょっとスキー場で滑ることに慣れてくると「もっとかっこいい滑り方に挑戦したい」と思うのが人の性です。そうやってスノボがうまい人たちはどんどん新しい技を習得していくわけです。しかし、初心者がいきなり高度なトリックを決めようと思っても、当然ながらうまくいくはずもありません。まずは簡単なターンやS字など、初心者でもできるかっこいい滑り方を知っておくのがおすすめです。そのために必ず必要となるのが、エッジの使い方を習得することです。ターンをするにもS字をするにもエッジの使い方がとても重要となってきます。
例えば、ターンやS字ではつま先のエッジを使い、進行方向とは体を逆向きにして背中から滑らなくてはなりません。その状態でくるっとターンやS字をしていくわけですが、その際にはかかとのエッジと同じようにつま先に体重をかける感覚も学ばなくてはなりません。こればかりは何度も練習して体に染み込ませることが重要です。
なお、ターンやS字をするときには体の向きに限らず常に進行方向を向き、重心のバランスや障害物、他のプレーヤーなどを意識しておくことも大切です。その他、無理にターンやS字を決めようとして体をひねったりしないようにしましょう。
かっこいい滑り方ができるのは基本ができる人たちだけなので、いきなりかっこよく見せようとせずに最初は基礎から体で覚えていきましょう。

スノボの滑り方をマスターしてかっこよく滑ろう!

スノボの滑り方に正解も不正解もないのですが、基本を知らない人はずっと成長できないまま、むしろ独学で変な滑り方になってしまう危険性があります。そのため、基本姿勢による滑り方を知ることはもちろん、正しい止まり方や転び方、立ち上がり方を知ることが大切です。もしかっこいい滑り方に挑戦したいのなら、それぞれの基本を習得した上で挑戦してみましょう。それこそが上達のための第一歩となります。

スキー・スノボツアーを探す

<スノボ初心者向けの他の記事はこちら♪>
スノボ初心者のゲレンデデビューや練習におすすめスキー場14選
群馬県でスノボをするならココ!初心者におすすめのスキー場6選
長野県で初心者向けのおすすめスキー場8選♪スノボ・スキー
初心者におすすめ新の潟県スキー場をご紹介♪スノボデビューしよう!
初心者でも安心の東北おすすめスキー場7選★初級コース情報あり

SKIPPIN編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ