スノボをこれから始めようと思っている方にとって、まず用意しなくてはならないものがウェアですよね。いわゆるスノボウェアは多種多様なメーカーから販売されているため、特に初心者の方は「どう選べば良いの?」と迷ってしまいがちです。そこで、ここではレディース・メンズともに知っておきたいスノボウェアの選び方を解説します。また、スキー場でレンタルしようと思っている方のために、レンタルはどうなのかということも併せて解説します。その他、洗濯の方法についても簡単に解説するため、これから本格的にスノボを趣味にしたいと思っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

スノボウェアを買おうと思っているんだけど、種類が多すぎて迷う~~!

確かにメーカーも多くて迷うよね!でも、スノボウェアは選び方によって着やすさも動きやすさも変わってくるから、ちゃんと選んだ方がいいよ!

そうは言ってもどういうところを気にして選べばいいのかわかんないよぉ。

それなら女性・男性別にスノボウェアの選び方をまとめてみるから、その情報を参考にしながら選んでみたらどうかな?ついでにレンタルや洗濯についても教えちゃうね!

スノボウェアでよく耳にする専門用語を解説

スノボウェアを選ぶ前に知っておきたいのが、ウェアに関連している専門用語です。実はスノボなどで着用するウェアは普通の衣服とは違って多種多様な機能が搭載されています。その中でも知っておきたい専門用語があるので、下記で簡単に説明します。
これらの専門用語はウェアを選ぶ際に必要となってくるものなので、ぜひウェアに搭載された機能として覚えておいてください。

1.パウダーガード

パウダーガードとは、ジャケットやズボンにある袖や裾の内側についている機能となります。このパウダーガードはその言葉通り、雪の侵入を防ぐ役割があります。事実、パウダーガードにはナイロン製の素材が採用されることが多く、それらが雪の侵入を防いでくれます。
ウェアの中に雪が入ってくると一気に体が冷えてしまうため、このパウダーガードによって雪から身を守ることはとても重要です。特にスノボにおいてはゲレンデに座ったり転んだりすることも多いため、パウダーガードは必須となります。

2.ベンチレーション

ベンチレーションとは、いわゆる通気のことを指しています。ウェアの内側には熱が籠ることも多く、温度や湿度が高くなりがちです。そんな中、このベンチレーションを開閉することで無駄な熱を外側に逃がせます。
必須機能ではないため採用されていないウェアもあるのですが、より快適にスノボを楽しみたいということならベンチレーションにも注目しましょう。普通はジャケットの脇部分やズボンの太もも部分にファスナーがあるので、それを目印にしてください。

3.サイドスリット

サイドスリットとは、主にファスナーで開閉できる部分のことを指しています。ズボンの裾に備えられていることが多く、近年ではスナップボタンによって開閉できるタイプのウェアもあったりします。
これはブーツの着脱において素早く脱いだり履いたりできるのでおすすめです。また、ゲレンデでは滑っている最中はサイドスリットを閉め、オフタイムは開けておくなど換気だけではなくリラックスするためにも活用できます。

4.ウエストベルト

ウエストベルトとは、お腹周りや腰回りを自由に調整できる道具です。ゲレンデでは照り返しなどもあってウェアの着脱をすることも多いのですが、その際にこのウエストベルトがあると脱いだり着たりするのもスムーズです。
また、自分にぴったりなサイズに調節することもできるため、インナーとアフター含めて体型にベストな状態を作りたいという際にも便利な機能となっています。

レディース・メンズが知っておきたいスノボウェアの選び方

1.サイズで選ぶ

スノボウェアで一番重要となってくるのが、サイズで選ぶという点です。スノボウェアは中に厚着をすることも多いため、人によっては大きいサイズのものを選ぶのが良いと勘違いしている人も少なくありません。
もちろん、それは決して間違いではありません。動きやすい服装にしたいのなら、少し大きめにすることは重要です。しかし、あまりにも大きなサイズを選ぶと寸や丈が合わなくなって、逆に危険な状態になってしまいます。中には余った袖や裾がどこかに引っかかるということもありますし、ボディラインを大きく超えるサイズのものではウェアが持つ本来の機能を発揮できなくなることもあります。
そのため、基本は普段着ているアウターと同じサイズのものを選びましょう。ただ、あまりにもぴったりだと逆に窮屈に感じてしまうため、気持ち大きめのサイズを選ぶということならまったく問題はありません。
つまり、スノボウェアを選ぶなら自分のアウターに合わせる、もしくは気持ち大きめのサイズにするということを意識してみてください。

2.デザインで選ぶ

ウェアはそれぞれ販売されているものによって、デザインが大きく変わります。例えば、ウェアの中にはフード付きのものがある一方で、フードが付いていないものもあります。その場合、天候が悪化した際に雪や雨を防げません。
人によってはニット帽や耳当てなどで寒さを防ぐということもありますが、フードがないと首や肩を守れないこともあります。当然、雨や雪で濡れてしまうと体温が一気に低下して、最悪の場合は低体温症などになってしまうこともあります。
また、雪山は天候の変化も激しいため、遭難するというリスクも0ではありません。そのため、ウェアは色で選ぶということも重要です。色に関しては派手で目立つものにしましょう。日本人の感覚としては白や黒を選び多いところですが、吹雪の中でも見つけてもらえるよう原則は派手なパステルカラーなどにするのがおすすめです。
特に寒色系だと目立たないため、レッドやイエローやオレンジなど暖色系のウェアを選ぶようにしましょう。ゲレンデでも目立つ色であれば、友人同士や恋人同士でも見分けがつきやすいので、みんなで遊びに行く際にも意外と便利だったりします。
近年ではオシャレなデザインのものもブランドから提供されているため、自分の好みも含めて選んでみてください。

3.ポケットで選ぶ

ゲレンデを滑るときには荷物は最小限にしたいところですが、わざわざロッカーとゲレンデを行き来して荷物を整理するのは大変ですよね。そのため、リフト券などのチケットやちょっとした小銭入れておくためのポケットは意外と重要となります。
人によってはお菓子など軽食を持ち歩きたいという人もいるため、オフタイムに食べるお菓子を入れておくというのも良いかもしれません。もちろん、原則としてゲレンデではあまり飲食はおすすめしませんが、それでもスノボは予想以上にカロリーを消費するので何か軽く食べられるものを入れておくというのは便利です。
その他にも絆創膏や薬などを入れておくなど、万が一のときに備えて準備しておきたいです。だからこそ、ポケットの数が多いウェアを選ぶようにしてください。

4.素材で選ぶ

ウェアは素材によっても全然違います。例えば、防水性にも透湿性にも防風性にも優れているGORE-TEX(ゴアテックス)は近年人気の素材として、多くのウェアに採用されている素材となっています。
ウェアはこれらの素材によって快適性が180度変わることもあるため、どのような素材が適しているのかを考えて選ぶべきです。優れた素材であれば雨や雪だけではなく、風の影響も受け流せるなど、非常に優れた機能を発揮できるものもあります。
特にスノボ初心者の場合は雪山にダイブしてしまうこともある他、ゲレンデに座ったり転んだりして休憩することもあるため防水性は必須です。知らない間に濡れていることもあるため、できれば耐水圧10,000mm以上のものを選ぶのがおすすめです。
また、スノボに限らずウェアを着用したまま行動すると大量に汗をかくため、それらを外側へ逃がしてあげることが必要です。そのためには透湿性は5,000g/m2/以上あるものを選ぶことも重要となってきます。
その他、冷たい風から守れるよう防風性に優れたウェアを選ぶなど、そこは自分の体質にも合わせて選ぶことが重要です。

5.機能で選ぶ

機能に関しては前述の通り、ウェアに搭載されているパウダーガードやベンチレーション、サイドスリットやウエストベルトなどを考慮して選びましょう。これらの機能はウェアによって採用されているものとそうでないものがあるため、購入の際に確認しなくてはなりません。

6.値段で選ぶ

最終的には値段で選ぶということも必要です。予算に関しては人によって違うのでどうにも言えないですが、スノボ初心者の場合は「まだ本格的に始めるわけじゃないし1万円以内のものでいいか」と考えてしまう人もいます。
ただ、初心者だからこそ逆にしっかりとしたウェアを選ばないと危険です。それこそ値段によって搭載されている機能に天と地ほどの差があることも多いので、予算としては2万円~3万円を目安にしてください。
あまりにも安いウェアだと防水性や透湿性、防風性もほとんどなくて後悔することがあるため、少し背伸びしたくらいのウェアを選ぶのがちょうど良いです。

セットで必要ということならレンタルもおすすめ

ここまでスノボウェアの選び方についてご紹介してきたわけですが、人によっては「そんなにすべて揃える予算がないよ」という人もいるかもしれません。事実、ウィンタースポーツを本格的に始めるとなると数万円以上の予算が必要です。しかし、いきなりすべてを購入して揃えるというのが大変なら、レンタルという方法を活用してみるのもおすすめです。レンタルであれば、スキー場によって異なるもののボードセットとウェアで1万円を切ることもあります。
例えば、スキー場によってはボードセットが4,000円~5000円ほどでレンタルできることも多く、ウェアも3,000円~4,000円ほどでレンタルできます。そのため、すべて揃えるために4万円~5万円ほど使うよりは安上がりで済むかもしれません。
ただし、レンタルの場合はそもそも借りるので返さなくてはなりません。それでいて混雑しているときは自分に合うサイズのものがないかもしれないですし、下手をすれば目当てのものがすでに貸し出されていることもあるかもしれません。
もしもこれからゲレンデに複数回以上行くということなら、レンタルよりも購入してしまった方がむしろ安上がりです。そこは予算と相談しながら決めてみてください。

実は簡単に手入れできる!ウェアの洗濯の仕方

普通の衣服であれば洗濯機に入れてスイッチを押せば、簡単に洗濯できますよね。しかし、スノボウェアはただ洗濯機に放り込んで洗ってしまうと破けてしまうこともあります。そのため、原則としては手洗いが基本となります。しかし、難しいことはありません。むしろ洗濯するのが面倒で手間だからと言って放置していると、汚れだけではなく匂いも残ってしまうことがあります。その他、汗などで雑菌やカビが繁殖することもあるため、むしろ使う度に洗濯するのが理想です。では、どうやって選択するのがベストなのでしょうか。まずはウェアに記載されている取り扱い表示に気をつけながら、その記載の通りに洗濯しなくてはなりません。ちなみに、ウェアによっては家庭で洗濯できないものもあるので、この取り扱い表示は必ず確認して手洗いできるかどうかなども確認しておきましょう。それを踏まえて、以下が簡単な洗濯の手順となります。

1.アウトドアウェア用の洗剤などで洗濯液を作る
2.空気を押し出しながらウェアを洗濯液に浸す
3.ウェアを軽く揉みながら押し洗いする
4.全体が洗えたら脱水する
5.軽くすすいで再び脱水する
6.最後は2日~3日日陰干しさせて終了

初心者の場合は自宅での洗濯が難しい場合もあるため、その場合は近くのクリーニング店に相談してみるのも良いかもしれません。スキー場などで利用するリフト券は、現地のゲレンデで購入できます。しかし、もっと安く行くにはコンビニであらかじめリフト券を購入しておくのがおすすめです。さらに安くしたい場合は、旅行会社が行っているツアーに参加するという方法もあります。
どの方法が良いのかは人によって違うのですが、より安い割引チケット情報を手に入れたい方は、コンビニや旅行会社を比べてリサーチしてみましょう。

ぴったりなスノボウェアを見つけてスキー場を楽しもう!

スノボではボードが主役と思いがちですが、本当に大切なのはウェアです。レディースもメンズも、ウェアはサイズやデザインだけではなくポケットや素材、機能で選ぶべきです。また、値段もそれ相応のものを購入するのがおすすめとなります。どんなウェアを選ぶかは自由ですが、より快適にスノボを楽しめるよう自分にぴったりなスノボウェアを選びましょう。

スキー・スノボツアーを探す
SKIPPIN編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ