スキーやスノボを楽しむ人なら、一度は経験したいと願う「パウダースノーでの滑走」。サラサラ、ふかふかの雪の中を走り抜ける快感は、何物にも代えがたい体験ですよね。「斑尾高原スキー場」はパウダースノーのゲレンデに定評があり、「Madapow(マダパウ)」と呼ばれる雪質を楽しむために多くのスキーヤーが集まってきます。せっかくなら日帰りなんてもったいない!おすすめの宿と「斑尾高原スキー場」の魅力をご紹介します。

一度でいいから、パウダースノーを体験してみたいなぁ。

ふふふ。一度味わうとクセになっちゃうよ~。おすすめするなら「斑尾高原スキー場」かなぁ。

えー、行ってみたい!長野だっけ?

そうそう、長野県。せっかくだから1泊しよっか。コレを参考にしてみてね!

「斑尾高原スキー場」で「Madapow」とツリーランを満喫!

標高1,000mの本格スノーリゾートである「斑尾高原スキー場」は、豊富な積雪量と通称「Madapaw(マダパウ)」と呼ばれている良質なパウダースノーを堪能できることから、多くのスキーヤー・スノーボーダーを虜にしています。
斑尾高原スキー場は、上級テクニックが必要となってくるツリーランコースのコース数が日本で一番多いことで有名なのですが、ファミリーでも安心してツリーランを楽しめるコース「ラビットコース」・「カモシカコース」・「ベアーコース」の3つのコースがあり、初心者でも慣れてくれば十分楽しく滑ることができるのでおすすめです。3つのコースはどれもスキー場の中間部よりも下に位置しているので、コースまでたどり着くのも簡単なのも嬉しいポイントでしょう。
斑尾高原スキー場直営のレンタルショップ「白樺レンタル」では、スタンダードなレンタル用品だけでなく上級モデルの商品もそろっています。最新商品もそろっているため、すでにウェアを持っている人が試着するために利用するのもおすすめです。
お子さま向けキッズスキーもスタンダードなものだけでなく上級モデルまで幅広い品ぞろえです。スキー板・スキーブーツ・ストックがセットで1日3,200円から利用できるので、初めてのスキーも体験しやすいでしょう。

上信越自動車道 豊田飯山ICから最も近いスキー場で、車でのアクセスも抜群ですが、北陸新幹線飯山駅からバスで30分と、電車でのアクセスもしやすいので車を運転しない方にもおすすめのスキー場です。

斑尾高原スキー場のツアーを探す

【斑尾高原スキー場】
住所:長野県飯山市斑尾高原
電話番号:0269-64-3214
URL:http://www.madarao.jp/ski/
営業時間:8:30〜17:00

「ホテルシルクイン斑尾」の洞窟露天風呂でゆっくりと

「斑尾高原スキー場」まで約80mの距離にある「ホテルシルクイン斑尾」は、温泉大浴場と貸切温泉露天風呂があるホテルです。めいっぱいゲレンデを満喫した後の温泉。これ以上の贅沢はありません!肩こりや腰痛などに効く黄褐色の鉱泉で、湯船ではのびのびと手足を伸ばすことができます。清掃タイムを除いて、夜通し入ることができるのも嬉しいですね。貸切の露天風呂はまるで洞窟のような、大人もワクワクする造りになっています。大浴場とつながっていないので、自分たちだけの時間を楽しむことができますよ。料金は50分1,500円、事前予約は受け付けておらず、チェックイン時に予約する形式です。希望の入浴時間がある時は、早めにチェックインすることをおすすめします。大浴場は内湯だけなので、露天風呂に入りたい時はぜひ貸切を満喫してください。絶景を独り占めしながらの入浴は格別ですよ。
お部屋は全室トイレ付き、Wi-Fi完備です。6人まで泊まれる和洋室もあり、ファミリーや仲良しグループでも気兼ねなく過ごすことができます。お風呂付きのお部屋を希望する場合は、早めにご予約くださいね。館内にギアとウエアのレンタルコーナーやスノーアイテムを扱う売店があるので、「夕方チェックイン後にナイターからゲレンデへ」なんて楽しみ方もできますね。レンタルでは珍しい、グローブやゴーグル、帽子も1日300円でそれぞれ貸し出ししています。「この機会に自分のものを用意しよう」という方は、売店へどうぞ。また、スキーやボードなどの宅配便受付もフロントで行っています。売店で地元の銘菓や特産品を買って一緒に送れば、帰りの荷物も少なくなりますよ。

【ホテルシルクイン斑尾】
住所:長野県飯山市斑尾高原11492-377
URL:https://www.silk-in.net/

「ホテルエルディア」はいつでも着替え利用OK

「ホテルエルディア」は、まるで一軒家のような温かい雰囲気のホテルです。「斑尾高原スキー場」まで徒歩約4分とアクセスも抜群!ゲレンデでの疲れや筋肉痛は、天然温泉の大浴場で癒しましょう。男女各15人ほど入れる、ゆったりとした広さです。チェックアウト後も1人300円で入浴することができますよ。さらに「ホテルエルディア」ではチェックイン前、チェックアウト後にもコインロッカーと着替え部屋を利用することができます。コインロッカーは400円、着替え部屋の利用は無料です。荷物や着替え場所の心配をせずにスキー場へ向かえるのは助かりますよね。時間いっぱい滑り倒すことができます。
お部屋は全部で35室、すべてバストイレ付きです。和室と洋室、和洋室があります。スキーやボードは館内の乾燥室へ預けられるので、広々と使うことができます。お食事は、大きな窓のある明るいレストランにて、いただきます。夕食は冷えた体にありがたい、鍋がメインのセットメニューです。鍋は寄せ鍋、キムチ鍋、豆乳とんこつ鍋の3種類の中から日替わりで1種類が並びます。朝は和洋食のセットメニューです。
館内ではギアやウエアのレンタルも行っております。リフト1日券付きなど宿泊プランも豊富で、宿泊代が手ごろ。利便性が良い上に、ゲレンデまでも近い、まさに雪山メインの旅行にピッタリの宿です。

【ホテルエルディア】
住所:長野県飯山市斑尾高原1101-21
URL:http://h-eldia.com/index.html

「斑尾観光ホテル」は展望ダイニングからの眺めが最高!

斑尾高原の入口にある「斑尾観光ホテル」は、客室やダイニングからの景色が美しいホテルです。条件が合えば、眼下に広がる雲海を眺めることができますよ。壁一面に窓が連なる展望ダイニングから眺める雲海は、まさに絶景!雲海が出なくとも、窓枠の向こうに広がる千曲川や美しい山々の姿はまるで絵画のようです。夕食、朝食ともにセットメニューになっており、夜は指定の農園で採れた野菜や旬の食材を使った鍋が中心の和食膳が食べられます。朝は雄大な景色を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができますよ。「斑尾高原スキー場」までは、車で約3分です。スキー場までと飯山駅までは送迎を行っているので、予約の際にお伝えください。
お部屋は和室と和洋室で、バストイレ完備。最大で1部屋6人まで泊まることができます。たっぷり体を動かしてきた後、畳の上でゴロゴロできるなんて嬉しいですね!お風呂はお部屋にもありますが、おもいっきり手足を伸ばして入れる大浴場もあります。雪山で遊んだ体は、思っている以上に疲れて縮こまっているものです。広々としたあったかいお風呂でリフレッシュして、翌日も存分に楽しみましょう。汗をかいた服は、コインランドリーで洗濯することもできます。お土産の購入や小腹が空いた時には、売店へどうぞ。疲労を翌日に持ち越さず、ゆっくり過ごすことができるホテルです。

【斑尾観光ホテル】
住所:長野県飯山市斑尾高原11492-196
URL:https://www.madarao-kanko.com/

「斑尾レインストンホテル」でまったりリフレッシュ!

雪景色に良く映える洋風の外観が特徴的な「斑尾レインストンホテル」。手ごろな価格とゲレンデまで徒歩5分以内という立地の良さで、学生を中心に若い客層が目立つホテルです。レンタルコーナーが館内にあるので、スキーやスノボの準備が無くても、到着後に荷物を預けてギアとウエアをレンタルということも可能です。
お部屋は和室、洋室、和洋室の3タイプあり、その中でもバストイレ付きと無しの部屋があります。バストイレ付きのお部屋を希望する際は、早めにご予約くださいね。館内には大浴場がありますので、お風呂無しのお部屋でも問題ありません。ただし、入浴時間が11時から22時と決まっていますので、お気をつけて!バスタオルや寝間着などのアメニティは一部有料です。着慣れたスウェットや寝間着を持参して、部屋でのリラックスタイムを満喫しましょう。
食事はダイニングでいただきます。メインに信州みゆきポークのすき焼きかしゃぶしゃぶのどちらかが選べる夕食は、てんぷらやお蕎麦などがセットになっています。地元・信州飯山産のコシヒカリも食べられますよ!さらに鍋料理プラス小鉢2品の「たくさんの料理はいらない方用プラン」もあります。ゲレンデにいると、ついついランチが遅くなってしまったり、小腹が空いて夕方にハンバーガー食べてしまったり、ありますよね。話題のゲレ食やご当地スイーツなどなど、誘惑が多いのも分かります。そして、宿の夕食を残すのももったいなくて、食べ過ぎてしまう…。そうなりがちな方におすすめのプランです。朝食は宿泊人数に合わせて、セットメニューかバイキングになります。

【斑尾レインストンホテル】
住所:長野県飯山市斑尾高原
URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/lainstons/

「斑尾ランバーズイン」は家庭的な雰囲気のくつろぎ空間

「斑尾ランバーズイン」は「斑尾高原スキー場」から徒歩4分のところにあります。スキーやボードのレンタルやゆったりとした大浴場があり、合宿にも人気が高い宿です。お部屋は和室10室と洋室14室で、どの部屋にもベランダがあります。ベランダの向こうに広がる雪山を見たら、きっとまたゲレンデへ飛び出したくなることでしょう。宿から歩いてゲレンデまで行くことができるなんて、スキーやスノボ旅行にピッタリですよね。お部屋は基本、お風呂とトイレは付いていません。トイレ付きのお部屋を希望の方は、予約の際にお部屋タイプの確認をしてくださいね。また、チェックインは19時まで、大浴場は21時までです。チェックインが遅れそうなときは、早めにご連絡を。
館内ではギアやウエアのレンタルも行っているので、ゲレンデデビューの方でも安心です。レンタルできるものはスキーとボード、ウエアに加え、カービングスキーとファンスキー、グローブ、キャップ、ゴーグルも貸してもらえます。グローブなどの小物も貸してもらえるなんて、助かりますね。「カービングスキーをやってみたかった!」という方も、まずはレンタルでお試しいただけます。料金は2月末までギアとウエア大人1日各1,000円、小物は大人1日各500円です。リフト券は宿泊代とセットになったプランもありますよ。
夕食は食堂でしゃぶしゃぶかすき焼きがメインになったお膳が食べられ、朝食はセットメニューになります。どちらもボリューム満点で、体も心も満足できるはず。よく食べ、よく眠り、ゲレンデを満喫しちゃいましょう!

【斑尾ランバーズイン】
住所:長野県飯山市斑尾高原
URL:http://www.lumbers-inn.com/index.html

この冬は一緒に「Madapow」を体験しよう!

さらっさらのパウダースノー「Madapow」が人気の「斑尾高原スキー場」。スキーやスノボをする人なら一度は憧れるシチュエーションだと思いますが、新雪は足を取られやすく技術が必要です。必ず安全に考慮して楽しんでくださいね。腕に自信がある人は、ツリーランのコースもおすすめです。そして、斑尾高原にはスキー場を中心にホテルやレストラン、カフェ、バーなどが揃っています。事前にリサーチして、スキーやスノボだけでなく、ぜひ街歩きも楽しんでいってください。地元の人とのふれあいも楽しめますよ!

斑尾高原スキー場のツアーを探す スキー・スノボツアーを探す
SKIPIN 編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ