スノーボードをしに行きたいけれど、車の運転ができなかったり、雪道の運に不安があったりで、スキー場に行くのは難しいと諦めていませんか?実は関東からも新幹線を利用してアクセスしやすいスキー場は多数あるんです!車を運転しない方でも行きやすい、新幹線を利用してスノボを楽しみたい方におすすめなスキー場を、各スキー場のおすすめポイントと合わせてランキング形式でご紹介します。

この冬休みにスノボをしに行きたいんだけれど、電車や新幹線を使って行けるような車以外でもアクセスしやすいスキー場ってあるのかな?

駅からシャトルバスが運行しているスキー場や、タクシーで行きやすいスキー場などいろいろあるよ!

そうなんだね。日帰りでも十分に楽しめるようなスキー場だとなお嬉しいんだけど、どこかおすすめってあるかな?

それならレストランや温泉などの施設が充実しているスキー場がいいと思うよ。これから新幹線を利用してアクセスできるスキー場をランキングで紹介するから参考にしてみてね!

1位:自然の地形を生かした多彩なコースが魅力!「舞子スノーリゾート」

「舞子スノーリゾート」は、関越道・塩沢石打ICより1分と首都圏からのアクセスが抜群です。ゲレンデは大きく「舞子エリア」・「長峰エリア」・「奥添地エリア」の3つのエリアで構成されていて、自然の地形を生かした多彩なコースで初心者から上級者までが存分に楽しめるでしょう。中でも「PeakPerformanceオフピステゾーン」は滑走距離1,000m、最大傾斜32度と上級者向けの難関コースで、降雪時には極上のスノーパウダーを味わうことのできる舞子スノーリゾートの名物コースとなっています。初心者やファミリーには最長6,000mで緩斜面の「ランランコース」が山頂からの景色を楽しみながらゆったりと滑ることができておすすめです。舞子スノーリゾートのスノーパーク「MAIKO SNOW PARK “GARDEN”」では豊富なアイテムで初心者からエキスパートまでが楽しめますし、「STEP UP PARK」はビギナー向けレイアウトとなっているので、スキルアップに最適でしょう。また、舞子スノーリゾートにはレストランや温泉、休憩所などの施設が揃った「日帰りスキーセンター」があるので、日帰りでも1日中思いっきり遊び尽くすことができます。

スキー場のオープン時期は12月上旬ごろです。アクセスは関越自動車道 塩沢石打ICから約1km(約1分)で駐車場は2,000台あり、土曜日と祝日のみ有料となっています。平日と日曜日は無料です。越後湯沢駅からは無料シャトルバスも運行しています。

舞子スノーリゾートの日帰りツアーを探す

【舞子スノーリゾート】
住所:新潟県南魚沼市舞子2056-108
電話番号:025-783-4100
URL:https://www.maiko-resort.com/
営業時間:平日8:30〜17:00、土日8:00〜17:00

2位:アクセスの良さと天然雪100%が魅力!「神立スノーリゾート」

関越道湯沢ICから約1kmとアクセス抜群な「神立スノーリゾート」は、首都圏から最も近い天然雪100%のスキー場です。ゲレンデ自体はコンパクトですが、北東斜面に位置しシーズンを通して豊富な雪がキープされているのも魅力のひとつ。コースは全部で16コースあり、バラエティー豊かなコースが揃っています。リフト5本の内3本が高速クワッドリフトなので、効率良く滑走できます。最長滑走距離は3,500mで平均斜度も緩くなっているので、初心者でもロングランコースを楽しめるでしょう。「オリオンコース」は白板山山頂から右に向かうコースと左に向かうコースがあり、右に向かうコースは最大傾斜度に向かって一直線に滑走する上級向けの名物コースとなっています。左に向かうコースは程よい斜度で上級者の練習に最適です。スキーヤー・スノーボーダーから人気のスノーパーク「スクローバーパーク」は、全方向からアイテムにアプローチできるため、立体的な遊び方ができます。初級者向けのエリアもあるため、上級者だけでなく様々なレベルの方が楽しめるパークです。初心者専用の「ハイクアップパーク」で慣らしてからスクローバーパークに挑戦するのも良いでしょう。

スキー場のオープン時期は12月中旬ごろです。アクセスは関越道湯沢I.Cから約1km(約3分)で駐車場は2,000台あり、全日無料で利用できます。越後湯沢駅から無料シャトルバスも運行しています。

神立スノーリゾートの日帰りツアーを探す

【神立スノーリゾート】
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町神立4121-1
電話番号:025-788-0111
URL:http://www.kandatsu.com/
営業時間:平日8:00〜16:30、土日7:00〜16:30

3位:バラエティー豊かなコースが魅力!「戸狩温泉スキー場」

長野県北の情緒ある民宿街に位置するのが「戸狩温泉スキー場」です。リフトに搭乗すれば雪国ならではの豊富な積雪と、日本一長い川の千曲川が眼下に広がります。ゲレンデは「ペガサスゲレンデ」・「オリオンゲレンデ」・「とん平ゲレンデ」の3つに分かれており、バラエティー豊かなコースが全部で18コースあります。小さな尾根が入り組んで走る複雑な地形を生かした変化に富んだコースで、初心者から上級者までが存分に楽しむことができるでしょう。「TOGARI 雪ちゃり SNOW PARK」では、マウンテンバイク・ファットバイクでスキー場をダウンヒルでき、人気となっています。オリオンゲレンデのベースにはキッズゲレンデが設置されており、保護者同伴でしか利用することができませんが、全日無料で遊ぶことができるのでおすすめです。戸狩温泉スキー場直営のスキースクール「TOGARIプロスノーボードスクール」では、スノーボードを始めてみたい初心者の方から、スキルアップしたい上級者の方までに幅広くレッスンを実施しています。

スキー場のオープン時期は12月中旬ごろです。アクセスは上信越道・豊田飯山ICより約18km(約30分)で駐車場は1,400台あり、大型バス以外は無料で利用できます。JR飯山駅からはシャトルバスも運行しています。シャトルバスは片道500円です。

戸狩温泉スキー場の日帰りツアーを探す

【戸狩温泉スキー場】
住所:長野県飯山市大字豊田6356
電話番号:0269-65-2359
URL:https://togari.jp/winter/
営業時間:8:30〜16:30

4位:2つのゲレンデで広大なエリア!「X−JAM高井富士&よませ温泉」

スノーボーダーに人気の「X−JAM高井富士」とスキーヤーに人気の「よませ温泉スキー場」の2つのスキー場が合体した、東京ドーム20個分もの広大なエリアが「X−JAM高井富士&よませ温泉」です。ゲレンデには個性豊かなコースが全部で24コースあり、よませ温泉側は中斜面がメインとなっています。X−JAM高井富士には日本最大級のパークがあることで有名で、初心者向けアイテムが置いてあるパークから、巨大なキッカーやレースなどの様々なアイテムが充実している中上級者向けのパークがあるので、初心者から上級者までが幅広く楽しむことができるでしょう。パークには毎年新しいアイテムが登場するので、何度行っても楽しいパークとなっています。レギュラーとビッグの2種類あるハーフパイプも人気です。また、ファミリー専用のキッズパーク「わんぱく広場」ではウェーブのついたそりコースや、雪で作られたジャンボ滑り台で遊ぶこともできますし、親子でスキー・スノーボードの練習もできるので、お子さまのゲレンデデビューにもぴったりでしょう。リフト券不要で入場料無料なのも嬉しいポイントです。

スキー場のオープン時期は12月下旬ごろです。アクセスは上信越道・信州中野ICより約17km(約30分)。駐車場はよませ温泉に600台とX−JAM高井富士に500台あり、どちらも無料で利用できます。

X-JAM高井富士&よませ温泉の日帰りツアーを探す

【X-JAM高井富士&よませ温泉】
住所:長野県下高井郡 山ノ内町北志賀高原12713-94
電話番号:0269-33-6252
URL:http://x-jam.jp/
営業時間:8:15〜16:45

5位:アットホームな雰囲気が魅力!「北志賀小丸山スキー場」

北志賀エリアの雄大な北斜面に位置する「北志賀小丸山スキー場」は、広いゲレンデと雪質の良いパウダースノーに恵まれたスキー場です。ゲレンデ内のコースも全部で8コースほどとコンパクトで、アットホームな雰囲気が人気となっています。ゲレンデの麓には「北志賀グランドホテル」を中心とした北志賀藤田観光グループがあり、修学旅行や合宿、スキーツアーなどにも最適な場所として親しまれています。ゲレンデは4つに分かれており、初級者向けから上級者向けにわかりやすく分けられているので自分のレベルに合わせたゲレンデを選びやすいでしょう。お子様連れのファミリーでも安心して練習することができるのでおすすめです。レールやハーフパイプが設置されたゲレンデもあります。スノーパークは中級パークと初級パークがあり、中級パークには5mキッカーと8mキッカーにドンキーレールとダウンレール、初級には3mキッカーとナローボックス・ミニジャンプの2WEYに太丸レールが設置されています。

スキー場のオープン時期は12月上旬ごろです。アクセスは信越道・信州中野ICより約17km(約25分)。

北志賀小丸山スキー場の日帰りツアーを探す

【北志賀小丸山スキー場】
住所:長野県下高井郡 山ノ内町夜間瀬11494
電話番号:0269-33-6621
URL:https://www.komaruyama.jp
営業時間:8:00〜17:00

6位:日本屈指の広大なゲレンデが自慢!「上越国際スキー場」

日本屈指の広大なゲレンデを誇る「上越国際スキー場」は、なんと東京ドーム214個分の広さがあり、見渡す限りどこまでもがゲレンデです。そんな広大なゲレンデは4つのゾーンで構成されており、初級者から上級者まで幅広く楽しむことのできる多彩なコースが全部で22コースあります。中でも「大別当チャンピオンコース」は、上国の壁とも言われるほどの最難関コースとなっており、上越国際スキー場の名物コースです。大別当チャンピオンコースは、コブ愛好者に特に人気です。「上国スノーパーク」では大小様々なアイテムが設置されているので、自分のレベルに合わせて楽しむことができるでしょう。子供から上級者までが楽しめるハーフパイプエリアもあります。
また、スキー・スノーボードの侵入の心配がない「キッズパラダイス」では広大なエリアでスノーチュービングや雪のアスレチックなど子供が楽しめるアトラクションが盛り沢山でおすすめです。

スキー場のオープン時期は12月上旬ごろです。アクセスは関越自動車道 塩沢石打ICから約6km(約7分)で駐車場は3,500台あり、一部駐車場は無料で利用することができます。

上越国際スキー場の日帰りツアーを探す

【上越国際スキー場】
住所:新潟県南魚沼市樺野沢112番地1号
電話番号:025-782-1028
URL:http://www.jkokusai.co.jp
営業時間:8:00〜17:00

7位:日本を代表するビッグスケールなスキー場!「Mt.Naeba」

スキーとスノーボード以外にも遊びきれないほどの楽しみが盛り沢山なスノーリゾートの「Mt.Naeba」は、ゲレンデ総面積が135haとかなりの広大さです。苗場・かぐらスキー場を結ぶ日本最長5,481mもあるゴンドラ、「ドラゴンドラ」での空中散歩も人気となっています。
ゲレンデには、緩斜面でコース幅も広い初心者向けの「第4ゲレンデ」や人工的なコブがある「コブコブゲレンデ」など、全部で22の多彩なコースがあり、初級者から上級者まで存分に楽しむことができるでしょう。パウダースノーを堪能できる非圧雪エリアもあります。
また、「わくわくファミリースノーランド」では子供と一緒に大人もアトラクションを楽しむことができたり、「パンダルマンひろば」には子供だけがスキー・スノーボードを滑られるゲレンデとそりで遊べるコースがあったりと、子供向けのエリアも多く、小さなお子さま連れでも安心して楽しむことができます。

スキー場のオープン時期は12月上旬ごろです。アクセスは関越自動車道 月夜野ICから約33km(約50分)で駐車場は3,800台あります。普通車は1,000円、中型車・大型車・キャンピングカーは2,000円からの利用です。スキー場まで直通の高速シャトルバスも運行しています。

Mt.Naebaの日帰りツアーを探す

【Mt.Naeba】
住所:新潟県魚沼市湯沢町三国
電話番号:025-789-2211
URL:http://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/
営業時間:8:00〜17:00

8位:抜群の景色と最高の雪質が自慢!「エイブル白馬五竜&Hakuba47」

北アルプスの絶景を眺められる3つのエリアからなるスキー場「白馬五竜スキー場」と山頂部で繋がる「Hakuba47スキー場」の2つを合わせたスキー場が「エイブル白馬五竜&Hakuba47」です。サラサラなスノーパウダーを堪能できるのも魅力のひとつです。
エイブル白馬五竜スキー場は3つのゲレンデに分かれており、どれも個性豊かで飽きることなく楽しめるでしょう。コース総延長距離12,620m、標高差962mとビッグスケールです。
Hakuba47エリアでは日本最高級のクオリティであるスノーパーク「R-4 Snow Park」があり、いろいろなレベルに合わせたレーンが設置されています。上級向けレーンにはビッグキッカーが設置されており、毎日入ればるなエアーが繰り広げられています。
スキー場のオープン時期は11月下旬から12月下旬ごろですが、このスキー場はゴールデンウィーク付近まで開いているので、長い期間たっぷりと滑走できるのも嬉しいポイントです。アクセスは上信越道 長野ICより47km(約60分)で、駐車場は無料で利用できます。

エイブル白馬五竜&Hakuba47の日帰りツアーを探す

【エイブル白馬五竜&Hakuba47】
住所:長野県北安曇郡白馬村神城22184−10
電話番号:0261-75-2101
URL:https://www.hakubaescal.com/winter/
営業時間:8:30〜16:30

この冬は新幹線を利用して、スノボを楽しみませんか?

新幹線を利用して行けるおすすめのスキー場をランキングでご紹介しました。シャトルバスを運行しているスキー場は便利でおすすめです。温泉や休憩所、レストランなど充実した施設のあるスキー場もあったりと、日帰りでも泊まりでも存分に楽しめるようなスキー場が多かったですね。アクセスのしやすさや、スノボのレベルに合わせて自分にぴったりなスキー場を選んでみてください。
この冬は、新幹線を利用してスノボを楽しみましょう!

スキー・スノボツアーを探す
SKIPPIN編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ